Home > のぼりと言えばポンジー > のぼりに使われるポンジーという生地の特徴

のぼりに使われるポンジーという生地の特徴

のぼり生地でもっとも多く使われているのは、ポンジーという生地です。

安価で軽く、扱いやすいことで人気があります。

概略をお話ししましょう。

☆のぼりといえばポンジー。

需要は9割あります。

のぼりの生地にあるポンジーは、のぼり生地の約9割を占める生地で、事実上、のぼりといえばポンジーと言っても良いほどです。

特徴としては、価格が安く、薄くて軽く、女性でも扱いやすいこと。

さらに耐久性があるので、長期間使用しても生地が劣化する心配はありません。

ただし色褪せなどはインクの質の問題もあるので、生地がいくら強いといっても1年以上使用していると見た目が悪くなることもあります。

☆太さが2倍。

平織りのトロピカルもあります。

ポンジーの他には、トロピカル、天竺、金巾があります。

ポンジーの素材は平織りのポリエステル100%ですが、トロピカルはそのポンジー素材を使って平織りで作られています。

のぼりに使う生地ではありますが、重さ・太さが2倍以上あるので、通常のポンジーのように風になびくようなことはありません。

強風でなければ、はためくことはないので、店頭活性化を目的とするのであれば若干無理があります。

☆のぼり生地は大半がポンジーです。

安価であることから、季節ごとに作り替えてもコスト的な不安がなく、経営を圧迫することはありません。

のぼりの特徴は店頭に設置して、風にはためく効果で訴求力を高めることにあります。

特別な理由がない限り、「のぼりの生地はポンジー」と決めておいたほうが良いでしょう。

トロピカルは、横断幕などにも使われるものです。

強度は数倍高いので、屋内外で特別な使い方をする際にはおすすめです。

Comments are closed.

TOP