EDは少数派ではない

EDは日本では勃起不全を意味しますが、正確には勃起に時間がかかったり最後までもたなかったり、そういった人も含まれます。

本来は勃起機能の低下を意味し、「性交時に十分な勃起やその維持が出来ずに、満足な性交が行えない状態となっています。

またEDのチェックには、国際勃起機能スコアといったEDセルフチェックがあり、どのくらいの段階であるかチェックすることが出来ます。

成人男性ではEDの疑いがある人は四人に1人いるとされていますので、実際に困っている人が多くいる症状でもあります。

日本人では50代60代の相談が6割以上といったデータもありますが、他の年代にも幅広くEDで困る人はいます。

中には女性からパートナーの為の相談もあり、多くの人が抱えている悩みです。

勃起が不十分で時々性交が出来ない程度でも中度のEDになりますので、範囲も広いです。

EDの原因は年齢に関係なく、心理的な要因の他に生活習慣などの要因もあります。

勃起は血流が集まることで起こりますので、動脈の広がりが不十分なだけでも起こってしまいます。

過剰なストレスが運動不足、それに糖尿病や高血圧な始めとする生活習慣病でもリスクは高くなります。

また抗うつ剤や降圧剤など神経に作用する薬剤も、EDの原因になりますので、服用している薬剤が原因の可能性もあります。

EDの悩みは深く、自分だけでは解決が困難ですが受診することで解決の糸口を掴むことが出来ます。

何事も解決するには、専門家への相談がまず必要です。

Welcome , today is 木曜日, 2014年11月27日